2013年06月04日

6月公演二本立て!!

ごぶさたしました。
ひさびさの更新です。
今年度最初の演劇部公演、6月公演をきのう6月3日(月)に実施しました。
場所は本校講堂。しかも二本立て。
過去の演劇部公演の脚本の中から、趣向の異なる二作品を選んで、
2・3年生をチームABに分けてのライバル上演でした。

まずは歴史SFコメディ『for you 〜遠い彼方の思い出を〜』。
IMG_9759.JPG
現代のオスカランス王国の皇太子アルが、嫁探しの舞踏会に参加していた
貴族の娘シャルロットとともに、タイムマシンの誤作動のせいで
未来も未来、西暦2080年の王国に時間旅行!
そこで対面した相手は、アルの孫にあたる、誇り高き孤独な王女オリヴィア。
しかし王女は、継母王妃の邪心と野心にさらされて、その身に危険が迫っていた。
王国の正統と孫の命を守るために、アルは正体を隠したまま、王宮の陰謀に
立ち向かう。

もう一作はシリアス愛憎劇『消せない罪』。
IMG_9768.JPG
気のやさしい青年ラルフは、親友レイの妹マリエの家庭教師、アリシア
とのひそかな交際を経て、結婚の約束をする。
それを知ったレイとマリエは、それぞれがアリシアとラルフを慕っていた
ゆえに激しい嫉妬に身を焦がし、ついにはレイはラルフに銃を向けてしまう。
頭部に命中した銃弾はラルフから記憶を奪う。その混乱に乗じて、まんまと
ラルフのフィアンセになりすますマリエ。レイもまた、傷心のアリシアを
ラルフの姉に仕立て上げて、彼女の心の隙間にもぐりこもうとするが。

どちらも「恋愛」の変則性、多様性にアプローチを試みた冒険作でしたが、
多くの方に観に来ていただき、充実感に包まれました。

この作品の練習を通じて得た「演技力」や「役作り」のコツを、
次回の文化祭上演作品でも生かしたいと思います。

みなさん、ありがとうございました。







posted by 六文銭 at 16:56| 日記